ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

地声と高音

かつて、私は、日本人の国際的な俳優のもつ声を聞いて、日本人の声楽よりは、役者の声を評価しました。それゆえ、声→せりふ→歌、日常レベルで、せりふも歌も同じ処理をした方がよいと思ったのです。

 このときには、ハイCなどは念頭になかったのですが、ペットインヴォーチェでマスケラを、直接、頭声をあてようとするよりも胸声からの瞬時の自動切り替えをもってアプローチすることでマスターした日本人の何人かのオペラ歌手に会って納得できました。ハイトーンといえど、理想的な発声の延長にすぎないのです。

それは、邦楽での名人の地声中心から高い裏声への変換のレベルの高さ(詩吟など)にも共通しています。少なくとも、今の私にとっての基礎というのは、欧米人のまねでなく、邦楽、日本人の発声にそのまま通用するレベルの深さなのです。とはいえ、そのプロセスで、役者、外国人の声、声楽の声を徹底して研究して、今があるのです。