ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

邦楽的共鳴

首の位置はまっすぐにします。顎を引くだけでなく、それよりも体の真上にのせておく、マネキンのようにです。日本人の軟口蓋のあげ重視は、やや行き過ぎのように思えることがあります。鼻にかかるオペラ歌手のように、です。藤山一郎近江俊郎の発声などは、日本人には向いていてわかりやすいのでしょう。

 鼻にも喉にもかかり、高音においては、固定して操作された動かし方は、単調でふしぜんになりがちです。邦楽にもよくみられます。中低音の音や低音に重きを置いているのかもしれません。

 物理的、楽器的でない、人の顔の響き、声楽は頭、胸の共振感覚をもちますが、邦楽は喉と顔感じるようにも思えるのです。

 ドスやかすれも含んだ独特の個声、「浪花節だよ人生は」の悪役者声、ヤーさんの仁義を切る姿の声をイメージできますか。