夢実現・目標達成のための考え方と心身声のトレーニング(旧:ヴォイストレーナーの選び方)

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身声のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

裏声アプローチとハミング☆

ファルセットを使うのが増えたのと、弱くても少しでも高い音しか求められなくなったこともあり、いつ知れず裏声でのアプローチが全盛となりました。リスクが少ないことが大きいでしょう。これは本質ではなく、使い方での応用、やり方でのノウハウに過ぎないことが多いのです。

 裏声アプローチは、元々、高い声の人に向いています。そういう人は、やりやすいだけでなく低声からのアプローチが難しいので、頼りになります。そうでない人は、慣れていないので、少し慣れて出せるとマスタ―できたように思います。力で出していたのを脱力させて出すことが、その秘訣です。

 今の日本では、これが主流になりました。一定レベルまで早く安心して達しやすいので、日本人の性格に合っています。目指すところが必ずしもアーティストに向くのではないのですが、ミュージカル、合唱の人にはよいでしょう。J-POPSの人にも私は勧めています。共鳴(頭声)から入るので、目標を絞り込みやすいからです。

 ちなみに私のハミングでの高音レッスンは、ほぼ同じ考えです。声帯に負担かけず響きを拡散せずにまとめるのです。喉声を外すのにわかりやすいからです。無駄無理のないメニュです。

 初心者なら第一、上級者ならそこを改めて使います。習いに来る人は初心者が多いのでそうなります。これで実力が鍛えられるのかというとどうでしょうか。声帯、その周り、呼吸関連、まして、全身でのコントロールに至るのは難しいでしょう。そのために、私のハミングのレッスンには、独自ともいえる中低音の共鳴(胸声)が芯づくりとしてあるのです。