夢実現・目標達成のための考え方と心身声のトレーニング(旧:ヴォイストレーナーの選び方)

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身声のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

比較でなく絶対

地声で低い声、さらにはオクターブ下まで完成に近づけると、同時にマスケラを兼ねる可能性をことになります。最高音と最低音は、極端ということでは似た感覚なのです。周波数、倍音が異なることで体感するところが頭と胸での比率が異なるように感じるのです。当然、高い方が頭で、低い方が胸です。

 日本人は、ハイCはともかく、高いだけの声はさして苦手ではないのです。声楽ならテノールとソプラノが極端に多いでしょう。そこから日本人に、素人にも技法、向こうの考えを当てはめることの無理がわかります。高い人が多いのに誰もしっかりと使えないということです。民謡や詩吟、邦楽でも、高い声の名人はいます。しかし、そこはクラシックほど高くはありません。そういう世界では、今のJ-POPSとは比べられないほど質的に厳しかったのです。質とは、音色と共鳴です。ただ弱々しいものやキンキンするものは、素人でした。

 以前のヴォイトレ、特に声楽家のレッスンは軟口蓋を上げて、咽頭を下げて、口内の空間を大きくしたら共鳴を眉間とか頭のてっぺんに集める、でした。今もさほど変わっていません。とはいえ、いろんな試みは、長く続けられているので、多くの蓄積があります。