ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

他力

毎日のサッカーの練習でしぜんと20キロ走っているという人や陸上の長距離の選手から転向した人なら、10キロ走る特別のトレーニングはいらない、小さい頃から毎日10キロ走ってきたような人も、その日常をキープすればよいことでしょう。つまり、プロの体があるからです。

 それがない人が身につけていくということで、必要なのが、トレーニングの目標です。20キロを目指しつつ、5キロ、10キロでも、今よりよくなれば、それだけプレーに有利になるのです。

 体が資本なのは、皆よくわかっていらっしゃいます。体づくりについて、スポーツでは長い歴史のなかで改良されてきました。一方、アーティストは、表現や媒体なども変えてきたためでもあり、改良の歴史は、まだ新しいし浅いのです。

 声以前に、人前に90分立ち、動くだけでも相当の体力はいります。つまり

1.手の付けやすいところから力をつけていく。

2.目的に対して必要な体の使い方を知り、優先順位をつける。

これは、人生の時間の使い方の優先順位に重なります。若いときは、目的がわからなくて、その必要も絞り込みもできないものです。一方、大人は人生を逆算して2をメインにするとよいでしょう。ここでの体力とは、そのまま声力、呼吸力などに置き換えてみるとよいと思います。