夢実現・目標達成のための考え方と心身声のトレーニング(旧:ヴォイストレーナーの選び方)

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身声のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

実践から

非常時への対処の体験が乏しいと、案外と人は動けない、早めに自己防御に入ってしまうものだと思います。お坊ちゃんとして育った人などもそうかもしれません。首相は一時断念したという、前回の辞職が非常時体験になったはずです。しかし、動けるように動いているのが、あまりよい方向に出ているとは思えません。

 それはともかく、守るためにより敏感になると、そのことで、体調や心を壊してしまうケースも多いです。

 レッスンを始める前に、私は、その人が話したいことを、できるだけ聞くようにしています。すべては声を出したらこちらにわかることです、それだけが必要なので、声だけで純粋に判断したらよいのですが、その人の声のバックボーンを聞くのは研究のためです。ずっと聞いているといつまでもレッスンがスタートしないので、ある程度で切り上げます。

 できない理由を本人がわかっていてできないのなら、できないのです。でも、そのように理由をつけているからできないことも多いのです。なかには、できないと思い込み、やろうとしていないだけで、能力と関係ないことも少なくありません。

 水泳を学びに行くのに「息つぎがうまくできない」という理由をいつまでも言うような人はいないですね。すぐに実践に入って、覚えていけばよいのです。身につけるとは、できないことをくり返して、できるようにしていくことです。