夢実現・目標達成のための考え方と心身声のトレーニング(旧:ヴォイストレーナーの選び方)

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身声のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

手順

呼吸だけなら、喉に無理がこないから、喉の状態のよくないときもトレーニングができます。そこで呼吸で体を変えることを行います。これも喉を絞ったり乾燥させて負担をかけてはよくありません。声を体と結びつけるのです。大体が、この手順を飛ばしています。ここだけでも2、3年以上かかるのです(私は声で体を鍛えさせます)。

大半のヴォイトレは、口内での共鳴調整、発音矯正、声域(特に高音)、スケール練習を主とします。特にドミソミドやドミソドソミドのように、いきなり半オクターブ~1オクターブのスケールで、さらに2オクターブ以上の声域で行っています。

先に使う全声域のイメージを与えるのは一つの目的ですし、できていなくても、引っ張り上げてできるようにしていくのは一つの手段に思います。