ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

カラオケでの優先順

声量と声域の問題に移ります。わかりやすいのは声域でしょう。カラオケでは1オクターブと2、3音くらいの調整をすれば、およそ間に合います。「高い声に届かない」は、もっともわかりやすい問題です。採点機もあるので音高、音程も次にわかりやすい。リズムもメロディの正しさもです。この3つがセットで、カラオケ上達トレーニングです。

 そのために呼吸法とか腹式といっても、それは柔軟に体をほぐすところの延長上として扱われているにすぎません。喉のリラックス効果を目的にしているのです。

 プロの声、プロの息といっても、深さのレベルは問われません。それを問うとまとまるのが遅くなるからです。上達が遅れたり、一時的に下手になったりします。それを避けて、トータルとして早くバランスをとりたいというのが、カラオケや今のヴォイトレです。