夢実現・目標達成のための考え方と心身声のトレーニング(旧:ヴォイストレーナーの選び方)

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に( 1本版は、https://infobvt.wordpress.com/ をご利用ください。)

2024-01-01から1年間の記事一覧

医者とアート☆

日野原重明医師は、医者はサイエンスとアートの両方を身に付けるべきだと主張しています。サイエンスは、医学的な高度な知識や技であり、アートは感性の部分です。アートオブプラクティスオブメディシンは、患者の悩みや痛みを感じ対応することです。

聴診器の罪☆

1816年フランスのルネ・ラエネクが、聴診器を発明しました。筒状のものです。そこで医師は、患者に触れて感染しないようになりましたが、患者との距離が開いてしまいました。さらに、ウィルヘルム・コンラート・レントゲンのX線で、患者不在の医療に突き進ん…

肌に触れる

エドワード・ドナル・トーマスは、肌の接触こそ、医者にとって最も古く、最も有効な癒しの技と述べています。

ヒポクラテスの自然治癒力☆

ヒポクラテスは、我々の身体には、もともと健康に戻そうとする自然の力があり、医師は、それを助けるのが任務であると述べています。自然治癒を重視するということです。食事、薬物、沐浴、マッサージ、運動です。つまり、養生するということです。

皮膚への刺激

失感情症の前に、感覚や身体が鈍くなるといえる状態があり、そういう場合には運動したり、甘い食べ物を食べたくなるものです。そういうときに、人は肌に、刺激を与えたりします。皮膚は露出した脳だからです。

心と頭

頭と心が乖離すると、感情を感じ取りにくくなります。何をしても楽しくなくなったり、やる気が起きなくなります。鬱や不安、不定愁訴、イライラなどのネガティブな感情になります。それは、合理的な判断とか思考にも関わってくるのです。頭も悪くなるのです…

手当て

身体はプライベートなものなので、下手に触れると、相手の心に土足で踏みいれることになります。握手や、手を当てることは、日本人にも、身近だと思われます。何よりも手当てというではありませんか。

背中の力☆

背中には涙のツボがあるといわれます。背中に触れること、これが、相手の辛い気持ちに共感してることを伝えられます。特に子供には大切だと思います。身体を通した感情の交流がなくなると、誤解や不快が増えてしまうのです。

手で癒す☆

一緒に悩む、一緒に苦しむ、それは、あなたはあなたでよいというメッセージであり、プリミティブな支援方法です。ハグや手当てということが、力となるのです。ヒーリング効果もあり、ストレスレベルも下がります。本当に辛いとき、がんばり続けたとき、限界…

理想の状態

迷走神経に支配され、副交感神経優位な状態で、交感神経も適度に覚醒してるのがバランスのとれた状態です。最適な心地よい覚醒状態です。リラックスしているが、だらけてなく集中してるというときです。

呼吸法の継承☆

白隠禅師は、内観の秘法や軟酥の法を、平田篤胤も呼吸法を論じています。明治では、岡田虎ニ郎、藤田霊斎、二木謙三などによって、呼吸法が提唱されました。昭和では、藤田式の丹田呼吸法、中国からの気功ブームも経て、村木弘昌、帯津良一氏などが継承して…

イの音☆

息、生き、今、命、癒ゆ、日本の言霊では、イが霊的な生命エネルギーを表してきました。息がそのまま生きであるのです。

身体での解放☆

自分の身体の声に耳を傾けて向かいましょう。身体のどの場所がどんな感じがするのかを注視しましょう。その感情を感じた部分に向かって呼吸をするのです。すると、そこからの反応で、解決に導かれることになります。日常の中でも、活用することが大切です。

両立

仕事と勉強の両立に悩んでいる人は多いでしょう。 両方ともやってみればよいのです。大切に思うことをすぐにすればいいのです。

ことばでの解放

恐怖や痛みは受け入れられやすいのですが、それ以外の感情は認識されにくいのです。それを避けずに、その感情を受け入れて、休めさせることです。それを気にかけてくれる人と話をすると効果的です。言葉で語ることは1番の近道です。自分を理解し、励ましてく…

トラウマ

トラウマからどうすれば解放されるのでしょうか。 不快な感情が沸き上がったときに、いつまでもそれを抱え続けることが問題です。普通に受け入れることができない感情は、恐怖や痛みより複雑に作用するからです。

感情に向かい合う

感情にも始まりと終わりがあります。そこから目を背けてみないでいると、それが問題を起こすようになってしまうのです。

感情の解放☆

感情全て解き放つことができるのでしょうか。それはとても怖いことに思います。 何かを充分に感じることは、そこから解放されることです。感情を隠すと逃れられなくなり、感情に向かい合うと、解放されるのです。あるがままに感じることを自分に許すことです…

深呼吸

息を殺したり、浅い呼吸をしていると、気づいたら、できるだけすぐに、身体の中心に呼吸を戻します。深呼吸することです。

都会の生活

田舎よりも都会にいるときの方が、身体に対する負荷がかかります。つまり、身体を萎縮させて、緊張させるような場面に多く遭遇するからです。自然と胸の浅いところで、呼吸するようになります。息を殺している状態、それは自分の身体にダメージを与えている…

呼吸マッサージ

身体は、もともと息を吸いこむたびに、お腹が膨らむように作られているのです。お腹が膨らむと、腹腔内の内臓が活動するスペースが広がります。血液の循環がより活発になるのです。つまり、呼吸するたびに内臓のマッサージが行われています。

横隔膜

横隔膜は、太鼓の皮のようにイメージしてみてください。お腹が小太鼓だとしたら、その十分に緩んだ音の出る表面が、横隔膜にあたるのです。息を吸い込むと、このドームのような半円形は平らになり、膨張していきます。当然、緊張していると、充分に吸い込む…

浅くなる呼吸

幼稚園くらいまでは、皆、横隔膜呼吸がうまいのですが、高校生あたりになると、なかなか使えていないわけです。1分間10回前後というのが、理想です。すると、心拍数も下がります。体内に酸素が十分に供給されると、多くの血液を必要としないのです。

肺の血流☆

肺の上の方は、1分間に0.1 リットルくらいの血液の流れですが、肺の下のほうはその10倍ほど流れているわけです。それがお腹が緊張したりして、腹式呼吸でなく妨げられているとしたら、きちんと酸素が送り込まれていないことになります。

運動選手の呼吸☆

運動の問題は、激しい運動のため、胸式呼吸に頼りすぎることにあります。お腹の底に呼吸を入れるような横隔膜呼吸が案外と下手な人もいるのです。お腹に力を入れすぎるため、横隔膜と呼吸が連動しないケースもあります。

運動と呼吸法☆

運動によって酸素は体内に入るのですが、同時に消費されます。ですから、呼吸の持つエネルギーを、全身の隅々までいきわたらせられているとは限らないのです。呼吸法の場合は、じっとしたまま、身体を動かさない方が、身体の必要としている場所に補給できる…

吐く息の成分☆

呼吸によって吐き出されるのは、14%の酸素、 69%の窒素、その他、水蒸気、5%の二酸化炭素です。この二酸化炭素を体外にきちんと放出しなければよくないのです。

ピエロ

いじめられる惨めな自分を隠そうと、逆に、おどけて明るく振る舞う人もいます。人前で明るく、振る舞って、影で泣いているのが、ピエロです。周囲のいたわりや優しさが行き交って欲しいものです。

小心者

相手をめった刺しにするような犯人は、その被害者よりも弱い小心者が多いのです。弱者が強者に立ち向かっていくと、逆襲を恐れて、そのようになってしまうのです。

専門家の違い☆

専門家が、風邪と診断するまでには、気管支炎、肺炎、肺結核、肺がん、胸膜炎、肝炎や腎盂腎炎の初期症状など、紛らわしい、似たような症状も疑いながら、一つ一つを吟味して、最後に風邪というふうに診断をつけているのです。結果が素人と同じでも、そのプ…