ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

江戸のことばから共通語に

多数の人を相手に話すと、講義調、説教調、演説調のようにスタイルが確立していきます。これは、報道、ニュースをみるとわかるでしょう。そして、その調から体へ、「だ」「である」とか「であります」「ございます」なども文体をもち、話のスタイルができてくるのです。

 問題は、江戸のことばが全国に広まり、共通語になっていくプロセスです。

 明治になり、欧米に追い付くために、日本語は「ローマ字」で統一しようという論議さえありました。漢字は知識人に多く用いられていたので、福澤諭吉は、「漢学制限論」を説きました。

 その後、漢文直訳体の仮名まじり文から言文一致、話しことばと書きことばを一致させる運動になるのです。

 明治20年代、二葉亭四迷の小説「浮雲」の「だ体」、山田美妙の「胡蝶」の「です体」が、その代表例です。それには、江戸落語を大成した三遊亭圓朝の影響があったようです。彼の「牡丹灯籠」などは速記によって出版され、大ヒットしたといいます。