夢実現・目標達成のための考え方と心身声のトレーニング(旧:ヴォイストレーナーの選び方)

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身声のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

トレーニングする☆

筋トレで、速く走れるようになり、重いものを持ち上げられても発声とは関係ない、確かにそうでしょう。でも、歩くことも荷物を持つのも疲れるような人が、体力をつけようとしないとしたら、それは発声力の上達どころか、維持を妨げます。

 私が否定するのは、強化といって繊細さ、丁寧さが消えてしまうケースです。☆

その繊細に扱える能力を増すために強化するのです。強化というのは、筋肉の強化のためにするのではないのです。二極で考えるのはおかしいでしょう。

 雑に荒々しくなったら、それを元に戻してチェックしてみるとよいのです。より繊細で丁寧にできるようになったかということです。そこを確認しなくては、実践に使いようもありません。

 かつての、よい状態に戻して、終わりでよいのでしょうか。守りに入っては、いずれ実力は落ちていくのです。しかし、強化しようとしたら、声は雑に荒くなるからダメと思うような、軟派な輩が多くなりました。やってみてダメを心配する前に、元にもどしたままでは、新たに何もやっていないのと同じと思ってください。そこを超えるために工夫して行うという発想がないのでしょうか。つまり、将来に獲得できる大きな器のときにはどうあるべきか、というイメージ、ヴィジョンが欠けているのです。それなら、そこにトレーニングなどということばを使わないでほしいものです。