ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

必要条件で満足しない

トレーナーが、難しいこと、できないことを与えて、それをこなしたら、上達と思わせているようなことも多いのです。できないということは、トレーニングの必要性を知るためによいのです。できる人がいるなかで、できないなら、到達目標はできます。しかしそれでやることがよいのではありません。

 早口ことばをマスターしたら、ベテランのアナウンサー並みになれますか。でも、その練習を行きづまるまでやるのはよいのです。できたような錯覚を与えることで留まるのがよくないのです。

 すべての基礎は、本人ができていると思っていることがいかにできていないかを実感させることからです。明らかなギャップを知り、それを埋めるきっかけとプロセスを示していくことです。

 その上に理想のイメージへのアプローチがあるのです。悪いところを直すといって直っても、大した力にはなりません。