ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

トレーナーの改善

トレーナーが自信をもつには、自分に合うか、自分をよしとする生徒だけ引き受けることです。そうでない生徒は黙ってやめていくため、当のトレーナーは、そういう人の考えや批判を聞くことがありません。いつしれず、トレーナーは、自己流に偏っていくのです。裸の王様になっていくプロセスです。

 まだ未熟な声の分野で、批判も基準もないというのではなおさらです。多くは、長くやっていても、ワークショップレベルのことしかできていないのです。

 私は数多くの失敗から、常に気づかされてきました。常に、自分よりすぐれた人とやってこれたからです。多くのトレーナーは、自分より劣っている人としかやっていません。トレーニングについて、失敗の経験さえもちません。失敗に懲りて根本的に学ぶこともありません。そこまで厳しい条件下にないから失敗を認めない、というか、失敗していても気づかないといえます。