夢実現・目標達成のための考え方と心身声のトレーニング(旧:ヴォイストレーナーの選び方)

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身声のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

よくないことの勧め

「気を付けの姿勢で胸を張って歌いなさい」最近はこういう指導は、あまりされていないと思います。「大きな口で大きな声を」とか、「口を大きく開けて歌いなさい」という指示もかなり減ったでしょう。

 でも、人によって、場合によっては一時試みてもよいのです。トレーナーは、否定の理由をもっているでしょう。胸を上げすぎると腰のところに空気が入らない(支えやら深い呼吸がしにくい。口でなく口の中を開けるべきだ、響かず、浅くなる)など。

 しかし、何事もやってみることはよいことです。よくないことも、やってみてよくないとわかるのは無駄なこととは思いません。私の想像を超えたよくないこともあるかもしれませんから、全てよいとまでは言いませんが、試して知るのはよいことでしょう。

 頭で、教えられたとおりにやってもみずに従うよりも、自らやって、よくないと知ることも大切です。注意されないように頭で考えて消極的になるのはよくありません。最初からやらないのでなく、レッスンがあるからこそ、何でもやって注意されて、気づいて修正していく方がずっと意味のあることだと思いませんか。

 

「気を付けの姿勢で胸を張って歌いなさい」最近はこういう指導は、あまりされていないと思います。「大きな口で大きな声を」とか、「口を大きく開けて歌いなさい」という指示もかなり減ったでしょう。

 でも、人によって、場合によっては一時試みてもよいのです。トレーナーは、否定の理由をもっているでしょう。胸を上げすぎると腰のところに空気が入らない(支えやら深い呼吸がしにくい。口でなく口の中を開けるべきだ、響かず、浅くなる)など。

 しかし、何事もやってみることはよいことです。よくないことも、やってみてよくないとわかるのは無駄なこととは思いません。私の想像を超えたよくないこともあるかもしれませんから、全てよいとまでは言いませんが、試して知るのはよいことでしょう。

 頭で、教えられたとおりにやってもみずに従うよりも、自らやって、よくないと知ることも大切です。注意されないように頭で考えて消極的になるのはよくありません。最初からやらないのでなく、レッスンがあるからこそ、何でもやって注意されて、気づいて修正していく方がずっと意味のあることだと思いませんか。