夢実現・目標達成のための考え方と心身声のトレーニング(旧:ヴォイストレーナーの選び方)

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身声のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

国際比較という視点☆☆

「声を嗄らす準備はいいか」(WカップCM)は、日本人にしか考えつけないコピーです。私としては、共鳴できないフレーズです。

 音声において甘いレベルの日本では、国際レベルに出ていくのは、今のところ難しいところです。それでも、かつては、芸や芸術として、他の分野に引けをとらないものがありました。人を集めるのに、客の期待をはるかに超える芸道、求めるレベルの高さの声があったと思います。

 声の大きさ強さは、一つの条件にすぎません。マイクという音響の拡大装置を、個としての身体で成立している芸の拡大に使うのでなく、成立していない未熟さ、欠点のカバー、補強第一として使うようになったことが原因です。そのために声量補助に専門装置であるカラオケを創り、輸出するまでに至ったのは、日本の特殊性です。それがヴォーカロイドに引き継がれています。