夢実現・目標達成のための考え方と心身声のトレーニング(旧:ヴォイストレーナーの選び方)

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身声のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

トータルとしてみる

しぜんにするためにはふしぜんにする。力を抜くためにストレッチする。力を入れて脱力します。

人はやりたいことがあるのに、やれない。そのことが問題になる。やりたいことができないときは、やりたくないことをやることでアプローチするのです。

 練習も続けてやるのは嫌なものですが、続けてやるとよいのです。やりたいようにしかやらない人には大した力はつかないのです。

大きく―声量、声で体に負担を与え、支える

響かす―共鳴→必要以上に響かさない、声が通るための「声の芯」と考える

高く―声域、低く重く下に向ける(これはよく知られていますが、実行されていない)

長く―呼気のコントロールと声立て

私が思うには、声中心に考えると、せりふを言うのも発音もふしぜん、歌うのもふしぜんなのです。これがしぜんと思えたら、すごい歌、すごいせりふにつながる声が出ると思うのです。