ヴォイストレーナーの選び方[アーカイブ版]

声、発声、聞くこと、ヴォイストレーニングに関心のある人に  バックナンバーは「夢実現・目的達成のための考え方と心身のトレーニング」をご覧ください http://bvt.txt-nifty.com/trainersen/

表現=基礎の普遍性

私はいろんな分野で、初めてヴォイトレを行い、成立させようとしてきました。

 分野が違っていても人の心を打つほどのものとなれば、分野を超えて、同じものだという表現(応用の応用)、もう一方では、芸や人によって個性や個人差はあるとしても、もう一つ掘り下げたら、人間としてのベースは同じものだという基本(基礎の基礎)、この2つを本質として、捉えているからです。

 とはいえ、何回も失敗もし、誤りもしてきました。そこまでの仕事を求められたトレーナーもいないでしょう。名医というのは、100パーセント成功という人ではありません。他の医者があきらめ、手をつけない患者を治そうとするから、成功のパーセントは低くなります。その勇気と痛手が、その人を学ばせ高めていくのです。

 ですから、私はトレーナーには「奢らずに、細心に、他の人からのアドバイスも受けて独善にならずにやりなさい」と言うのです。